りっぷキッチンで、こども食堂&プログラミング教室を開催しました!

2022年11月19日(土)、りっぷキッチン(こども食堂)&フードパントリーを開催しました!
8月、9月、10月に引き続き、今回もこども食堂とフードパントリーの同時開催です。
いつものようにフードパントリーでお配りする食材はコストコホールセールジャパン株式会社様よりいただいた寄付で購入させていただきました!いつも本当にありがとうございます!!

当日は午前中からこども食堂でお出しするカレー作り組とフードパントリー組に分かれて準備を開始。
こども食堂とフードパントリーの同時開催も4回目となるとメンバーも手慣れたもので、準備は順調に進みます。
フードパントリーの食材の仕分けをしていると玉ねぎを炒めるいい匂いがしてきて思わずお腹が鳴ってしまいました。
そうこうしている内に予約されている方がお越しになり、りっぷキッチン開店です!みなさん笑顔で「美味しいね」と言いながらカレーを頬張ってくれていました。
中にはおかわりをしてくれるお子さんも!今回は9世帯29人の方にカレーを提供しました。

食堂がひと段落すると次はフードパントリー。

あらかじめ食材を縁側と空き地に置いておき、お越しになった方に順番に食材を取っていってもらうスタイルです。
プログラミング教室に参加してくれているお子さんや食堂に何度か来てくれているお子さんがフードパントリーに来られると、自然とメンバーとの会話が生まれ、少しずつ地域の方との関係性が出来てきていることを実感しました。
また食堂でカレーを食べてくれたお子さんが、9月に引き続きこども店長としてフードパントリーのお手伝いをしてくれました!少しずつメンバーとの信頼関係が生まれ、りっぷキッチンに愛着を持ってくれているようで嬉しかったです。

今回のフードパントリーでは89世帯の方に食材をお配りすることができました。

毎週日曜の小学生対象の無料プログラミング教室 LIPLAB(リップ・ラボ)は6、13、20、27日の4回。みんなそれぞれ個性が光るアクションゲームを作りました。そして20日は「LIPLAB first- carnival」と題した、初の子ども達が作ったゲームの発表会。

この日はオープンラボ・公開授業でもあり、子ども達の親御さんや大和高田市のこども家庭課の職員さん方にもお声がけしてお越し頂きました。

子ども達がそれぞれいろんな工夫を凝らしてゲームを創ってくれていて、それぞれが作ったゲームを交代で遊んだりしてとても楽しそう、親御さんの表情も皆さん嬉しそうに見えました。3カ月でここまで出来るなんて本当にすごいと思います。

講師を務めてくださっている学生団体ハートレスQの井上さんが「思っていたより子どものスキルの成長速度が早い。通常このレベルに達するのに5~6か月かかる。」とお話しされていましたが、対面で実施する事で、子どもたちに自分で考えて行動する力がより身につきやすい環境となっていたら嬉しいです。

みんなのスキルもこれから一層磨いて成長していって欲しいですし、この教室の居場所としての在り方も更に進化/深化していけたらなと思った一日でした。

これも井上さんはじめ、関わって下さるLIPメンバーやボランティアの皆さまのおかげです。ありがとうございます!これからもLIPLAB(リップラボ)をよろしくお願いいたします。

23日(水祝)は永和町ベース(りっぷキッチン)でロングミーティングを開催しました。

初めてLIPメンバーだけでなく、ハートレスQ井上さん、ボランティアさんやこの場を活用したいかたが集い、この場所の在り方や未来について思い馳せるとても豊かな充実した3時間でした。

不登校の子どもの居場所を作りたいと言うかたに事業プレゼンをしていただいたり、不登校の子どもの親の会を主催するかたは孤独を解消するためのロボットOriHimeをお持ちくださり、先天性福山型筋ジストロフィーと言う重い障害を持ったお子さんと会場のみんなをつないでくださいました。

また、ご実家のある愛知県岡崎市でお母様と味噌をテーマに日本の食文化・伝統について考え発信するミソスープユニット<8830>を運営される石田さんが自己紹介かたがた2種類のミソスープを振る舞ってくださいました。豆乳と白味噌、丁寧にドリップされたお出汁と八丁味噌、どちらのスープも美味しかったです!

メンバーだけでなく、普段関わってくださっているかた、古くからこの場を支えてくださっているかた、想いあるかたを交えての開催は、いつもメンバーで集まって話す議論とは違って、それぞれの皆さまの経験や知見、それぞれの子どもやこの場に対する考えを伺えるとても有意義な時間だったと思います。

ご参加いただきました皆さま、ロングMTGメンバーの皆さま、ありがとうございました!

パントリーにもこども食堂にも、プログラミング教室にも、メンバーだけではなく地域のかたのお力添えが必要です。
特にプログラミング教室は追加募集もすぐ満席となり(ありがとうございます!)講師とこどもをつなぐ役割のメンターさんを大募集中!冬休みには「放課後自習室〜りっぷらいぶらり〜」と題した学習支援の居場所のトライアルも予定しています。

ボランティアをしてみたいと思うかた、居られましたら、りっぷキッチンボランティアLINEのご登録をお願いいたします。( https://lin.ee/ol9SWE8

共感や応援のお気持ちとともに、一緒に活動してみたいと思うかた、居られましたらぜひ、ホームページより関西のミーティングを見学お申し込みくださいませ。

こどもプロジェクト 永和町プロジェクト 南(みなみ)・萱澤(かやざわ)

仲間になる >
寄付する >