竹之上 耀子

難民プロジェクト

竹之上 耀子

YOKO TAKENOUE

本業

海外営業

入会のきっかけ

高校生の頃から、紛争や天災により生活が困窮してしまった人々への支援や、差別や格差による貧困問題の解決に関心がありました。本業と活動の両立が出来るか不安でしたが、ミーティングを見学する中で、メンバーが相互にサポートし合いながら活動をしているところを見て入会を決めました。

Living in Peaceでの主な業務

難民プロジェクトで広報と日本語学習提供支援(LIP-Learning)を担当しています。難民の方が社会で夢を実現できるよう一緒に道を探していくことと、私たちの活動や難民問題を多くの方に知って頂くことが目標です。 難民問題というとどこか遠い所の話に聞こえますが、日々の生活ですれ違う人が難民背景を持った方かもしれません。その方々を取り巻く環境はどのようなものか、私たちと一緒に学び、少しでも社会が良くなるよう行動を共にしてくれる人が増えるといいな、という想いで今後も活動に尽力していきます!