Chance Maker奨学生からのメッセージ

Living in Peaceでは奨学生に対して半年に一度、卒業までの資金確認を行うためのシミュレーションと近況確認の報告会を実施しております。

直近では後期授業開始にあわせ9月、10月に行いました。

3年生は卒業後の進路に向き合う時期にきており、2年生はコロナの中で大学生活の半分近くを過ごしています。

奨学生からは大変なことがありつつも、将来に向けて取り組んでいる話を聞くことができました。

できることは限られますが、今後も奨学生のサポートを継続してまいります。奨学生からみなさまへのメッセージをお届けします。

まず始めに、支援者様へこれまで支援して頂き誠に有難うございます。ご支援頂いているお陰で学生の本分である勉学に専念出来ています。

僕は現在大学3年生になりそろそろ就職活動が始まります。まだ具体的な就職先は決まっていませんが、就職活動に大切なSPI対策などを行い今後決めていく予定です。

大学生活も後1年半と少なくなってきましたが、後悔のないよう残りの学業に努めてまいります。

(3年生 IJさん)

私は今年で20歳になります。また、親元を離れ丁度10年が経ちました。これまで大変なことも沢山ありましたが、10年という時間があったとは思えないほどあっという間でした。

私は今大学2年生になり、目標に向かい勉学に励んでおります。こうして私が学校に通うことが出来るのは皆様のご支援があったからです。

20歳という大人の仲間入りを果たした今、支援して頂いていることや自分の行うべきことを改めて心に留め、精進してまいりたいと思います。これからもどうぞよろしくお願い致します。

(2年生 KMさん)

仲間になる >
寄付する >